内視鏡検査・治療

内視鏡検査について

近年電子内視鏡の発展に伴い、内視鏡の診断と治療技術が進歩してきました。当院では、電子内視鏡を用いて検査・治療を行っております。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査、下部消化管内視鏡(大腸カメラ)検査を行っております。また、苦痛が少なくかつ高性能の経鼻(けいび)内視鏡での検査も行っております。

経鼻内視鏡(けいびないしきょう)とは?

pernasalityendoscope

簡単に言うと鼻から入れる内視鏡です。
風邪の診察の時、舌の奥を舌圧子で押さえられて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)と言います。口から内視鏡を入れる場合は、こうした咽頭反射が多少なりとも起こります。経鼻内視鏡の場合は約5mm(通常の内視鏡は10mm前後)の内視鏡を鼻から挿入するので、内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、吐き気や不快感をほとんど感じずに検査することができます。また、検査中でも質問したい時は医師と自由に会話ができ、映像を見ることが出来るので安心です。

内視鏡治療

早期胃がんの内視鏡的粘膜切除術や、大腸ポリープ及び早期大腸がんの内視鏡的切除術など治療も行っています。

  1. 早期胃がんの内視鏡的粘膜切除術
  2. 大腸ポリープ及び早期大腸がんの内視鏡的切除術などの治療
  3. 胃ろう(PEG)の造設